FC2ブログ

各メーカー紹介~京三製作所②~

前回は京三製作所の音響信号の音の種類について書きましたが、今回は京三製作所製の音響信号の制御機のプレートを細かく見ていきましょう。


京三製作所の音響信号の制御機プレートも以前の記事で書いたように①~⑦の7項目から成り立っています。それを踏まえた上で話を進めていきたいと思います。


【警交仕規第21号】
京三21Tプレート
こちらは警交仕規第21号のプレート。
装置名称は小糸工業製と同じく「視覚障害者用交通信号付加装置」となっています。
昭和52~53年頃までに製造されたものはプレートに書かれている文字のフォントが異なります。これは交差点紹介の時に紹介することにします。


次に形式を見てみましょう。
この写真では形式は「LTA-CBSI-B」となっていますね。

21号では"LTA-CBS●-B"というパターンと"LTA-BMS-2"の2種類しか見たことがありません。このうち"LTA-BMS-2"は昭和52~53年頃に製造されたとても古いタイプです。
現在残っているほとんどは"LTA-CBS●-B"なので、こちらについて紹介します。

"LTA-CBS●-B"にはアルファベットが1文字入り、これまでに見つけたものは、
・LTA-CBSM-B
・LTA-CBSI-B
の2種類です。の部分にはMIのどちらかが入っていますね。

勘の良い方ならこの辺りで気が付きそうですが、以前の記事で書いたように
Mのものは最初にメロディ式を鳴らしIのものは最初に誘導音式を鳴らしたものと思われます。(これらのタイプが多く設置されている都道府県については以前の記事に対応しています)
小糸工業製と同じようにLTA-CBSM-BM形式LTA-CBSI-BI形式と私は呼んでいます。




【警交仕規第217号】
京三217-1Tプレート
今度は警交仕規第217号のプレート。
装置名称は「音響式視覚障害者用交通信号付加装置」とやはり21号に比べて名称が長くなっています。

次に形式を見てみましょう。
217号では"LTA-SH●"で表されます。には"1""02""03"のいずれかが入ります。
"LTA-SH1""LTA-SH02""LTA-SH03"それぞれの違いは以下の通りです。

【LTA-SH1】
・異種鳴き交わしが初期設定ではできないものが多い。(ただし、初期設置より異種鳴き交わしをしている場所もあるとの事で詳細は不明)
・青になって少ししてから鳴動を開始する。

【LTA-SH02】
・異種鳴き交わしが初期設定でできる。
・青になって少ししてから鳴動を開始する。

【LTA-SH03】
・異種鳴き交わしが初期設定でできる。
・青になった瞬間に鳴動を開始する。

警交仕規第217号「版3」では都道府県によって"LTA-SH02""LTA-SH03"のどちらを用いるか異なりますが、
217号「版4」以降はどの都道府県も"LTA-SH03"を用いているようです。




今度は製造番号を見てみましょう。最初のアルファベットに注目すると、上で紹介した警交仕規第21号と217号の製造番号の最初は"T"となっていますね。
実はこの部分が"X"と表記されているものもあります。以下に警交仕規第21号と217号の製造番号が"X"から始まっているプレートを紹介します。

京三21Xプレート

京三217-1Xプレート

製造番号以外は同じことが書かれていますが、文字のフォントが"T"のものと多少異なりますね。
製造番号が"T"から始まるプレートを"T板""X"から始まるプレートを"X板"と私は呼んでいます。(以後"T板""X板"という呼称を使用させていただきます。)


ここで"T板""X板"の違いはなんだろう?という疑問が出てきます。
まだはっきりした意味は分かりませんが、"T板"のプレートは東日本に、"X板"のプレートは西日本に多く設置されていることにより、製造した工場などで使い分けているのではないか?と予想しています。
ただ、福島県にも21号のX板が、大分県にも21号のT板が設置されているのであくまで予想といったところです。

また、"X板"のプレートは警交仕規第217号「版3」以降は設置されていなく、今まで"X板"ばかり設置されていた都道府県でも"T板"を用いています。
京三217-3Tプレート




キリが良いので今回のまとめといきましょう。
【今回のまとめ】
・京三製の警交仕規第21号のプレートの形式にも小糸製と同じく"M形式"、"I形式"の2種類がある。
・京三製の警交仕規第217号のプレートの形式は"LTA-SH●"の形で表され、●の違いで仕様が多少異なる。
・京三製のプレートの製造番号には"T板"と"X板"の2種類がある。



今回はここまでです。お疲れ様でした。
次回は日本信号製の音響信号について書きます。次回からは各メーカー1記事にまとめる予定です(小糸製、京三製に比べてわかっている事が少ないため)。



最終更新日:2012年03月14日
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゃみ

Author:きゃみ
今や珍しくなった『通りゃんせ』や『故郷の空』といったメロディ信号をメインに、『ピヨ』、『カッコー』も含めた音響信号の交差点を紹介します。

YouTube等の動画共有サイトでも交差点紹介を行う人が増えたので、このブログでは既に更新された交差点を中心に紹介します。


ツイッター、やっています。
@Smeme_21

Melody Signal 700
メロディ信号700交差点の録音を目標に探索中!

2018年9月末現在、
623交差点

※このページの全ての画像・音ファイル等の無断利用を固くお断りします!!

今までの来場者数
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR