FC2ブログ

【誘導音メモリーNo.052】田中町交差点(更新確認済)/和歌山県和歌山市

今回は和歌山県和歌山市より田中町交差点です。

和歌山県の交差点紹介は初めてなので、和歌山県の音響信号設置状況を…。
和歌山県では昭和期の警交仕規第21号においてM形式を確認していることから、以前はメロディ式を採用していたと予想できます。この頃の設置メーカーは小糸工業製が多数派で、次いで京三製作所製といったところです。近年では日本信号製の新規設置もあるようですが、私は設置を確認したことが無いことから、警交仕規第21号や217号の初期ではもしかしたら日本信号製の設置は無かったのかもしれません。
警交仕規第217号ではB音質をメインに採用しております。
和歌山県独自の特徴としては、スピーカーが異様に高い場所に設置される例があります。和歌山県は2回しか訪問したことがありませんが、比較的狭い路地の交差点においてそのような設置を確認しております。


では、この辺で本題に入りましょう。
まずは音を聴いてみましょう。 (音量に注意!)



以前の記事より、この音は小糸工業製警交仕規第21号擬音式ですね。


続いて、プレートを見てみましょう。
(クリックで拡大)

平成5年11月製と、比較的新しめの警交仕規第21号でした。
形式がMP-IT-2とあまり見慣れないものとなっています。やはり『T』は何を示しているのでしょうか…。


最後に交差点全景です。
(クリックで拡大)

赤+左右矢印と近年では珍しい表示をしていますね。一昔前の京都府ではよく見掛ける表示でしたが…。


既に日本信号製の異種鳴き交わしへと更新されたとの情報があります。


今回はここまでです。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:視覚障害者用交通信号付加装置
仕様書番号:警交仕規第21号
形式:MP-IT-2
製造番号:3L3814
定格:電圧AC100V 周波数60Hz
製造年月:平成5年11月
製造メーカー:小糸工業株式会社

音質:小糸21号擬音式標準音質
音程:通常
テンポ:通常(ピヨ)/やや遅(カッコー)
青点滅時:無音

設置場所:和歌山県和歌山市
交差点名称:田中町
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2009年3月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)①~
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)②~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~
・【誘導音メモリーNo.039】森ノ宮駅前交差点(更新確認済)/大阪府大阪市

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

和歌山なメロディー式があるなら

和歌山県にはてっきり、音楽式を採用していなかったと思いましたが、以前から採用されていたとはな。
兵庫県も以前は音楽式を採用した話を聞いた事があるが、私が知っている限りは擬音式しか聞いたことがありません。
個人的に愛知、石川、千葉、徳島など樹脂灯器や縦型を中心に採用した地域には音楽式を採用している例は少ないかなと思います。
その論理から和歌山県が音楽式採用はないと読んでいました。
因みに和歌山県は南北がカッコウ、東西はピヨで京都とは反対だったと思います。
逆に大阪、兵庫、石川、新潟、徳島、千葉、茨城は従道がカッコウで主道がピヨだった気がします。
従道がカッコウ(故郷の空)で主道がピヨ(通りゃんせ)に統一した方が分かりやすいし、安全な気がします。
ピヨは聞き取りにくい難点もあるので。
因みに奈良は東京都と同じく主道がカッコウで従道がピヨだった気がします。

東海地方は4県(静岡含む)とも通常の交差点では擬音式のみを採用していて、東西がカッコウ、南北がピヨだった気がします。
プロフィール

きゃみ

Author:きゃみ
今や珍しくなった『通りゃんせ』や『故郷の空』といったメロディ信号をメインに、『ピヨ』、『カッコー』も含めた音響信号の交差点を紹介します。

YouTube等の動画共有サイトでも交差点紹介を行う人が増えたので、このブログでは既に更新された交差点を中心に紹介します。


ツイッター、やっています。
@Smeme_21

Melody Signal 700
メロディ信号700交差点の録音を目標に探索中!

2018年9月末現在、
623交差点

※このページの全ての画像・音ファイル等の無断利用を固くお断りします!!

今までの来場者数
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR