FC2ブログ

【誘導音メモリーNo.042】営業通一交差点(更新確認済)/新潟県新潟市

今回は初紹介の新潟県の交差点です。

いきなり話が逸れるのですが、2010年に「北陸地方へ行ってみたい!」と思い立ち、元々計画していた東北地方への旅行のルートに新潟県を無理やりつけて旅行をしました。
新潟県も北陸地方の1つに含まれていますが、今考えてみるとどうも北陸地方と書くと富山県・石川県・福井県を指す北陸三県というイメージが強い気がします。
現在、静岡県に住んでみて、同じように東海地方よりも愛知県・岐阜県・三重県を指す東海三県という呼称およびイメージが浸透している気がするこの頃です。

話を戻しまして、新潟県の音響信号状況について少し書きます。
新潟県は比較的早い時期より警交仕規第21号の更新を進めたのか、2010年に新潟県内を幅広く訪れた際には21号は平成期のものを僅かに見つけられたのみでした。大半が217号の設置です。
新潟県の特徴の1つでもありますが、京三製作所製の22号が2017年現在でもごく僅かに残っているそうです。私も新潟市内で1ヶ所見つけました(既に更新済み)。22号を設置していたことから昔から擬音式をメインに設置していたと予想できます。
また、かつては北海道のように陸運音質の小糸21号が設置されていたと他の信号機ファンの方より情報が入っております。


そんな新潟県新潟市中央区より営業通一交差点を紹介します。
新潟駅からは2㎞以上離れていますが、新潟市の中心部や市役所から近い場所にあります。


まずは音を聞いてみましょう。(音量に注意!)



この音は以前の記事より、日本信号製 警交仕規第21号の音ですね。
新潟県内で見つけた21号では少ないながらも日本信号が最多でした。


続いてプレートを見てみましょう。
(クリックで拡大)

平成5年2月製でした。都道府県によってはまだまだ新しい部類のところもありますね。


最後に交差点全景です。
(クリックで拡大)

切れていますが右下のものが音響制御機でした。音響が設置された頃は美装化されていない通常のアームや色の信号灯器だったのでしょう。


なお、Googleストリートビューより、新しい音響制御機への更新を確認しております。


今回はここまでです。
次回も"北陸地方"から紹介しようと思います。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:視覚障害者用交通信号付加装置
仕様書番号:警交仕規第21号
形式:EA9101D
製造番号:?18254
定格:電圧AC100V 周波数50Hz
製造年月:平成5年2月
製造メーカー:日本信号株式会社

音質:日信21号誘導音後期型音質
音程:通常
テンポ:通常
青点滅時:無音

設置場所:新潟県新潟市
交差点名称:営業通一
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2010年11月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~日本信号~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~
・【誘導音メモリーNo.032】津田沼十字路交差点(更新確認済)/千葉県船橋市

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゃみ

Author:きゃみ
今や珍しくなった『通りゃんせ』や『故郷の空』といったメロディ信号をメインに、『ピヨ』、『カッコー』も含めた音響信号の交差点を紹介します。

YouTube等の動画共有サイトでも交差点紹介を行う人が増えたので、このブログでは既に更新された交差点を中心に紹介します。


ツイッター、やっています。
@Smeme_21

Melody Signal 700
メロディ信号700交差点の録音を目標に探索中!

2018年9月末現在、
623交差点

※このページの全ての画像・音ファイル等の無断利用を固くお断りします!!

今までの来場者数
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR