FC2ブログ

【メロディメモリーNo.019】朔日町交差点(更新確認済)/青森県八戸市

今回は青森県のメロディ信号を紹介します。青森県は初めての紹介ですので、青森県の音響信号設置状況を書きます。

青森県はかつてはメロディ式のみの設置でしたが、2000年代に入り誘導音式での設置が増え、近年は他県同様にメロディは減少傾向にあります。それでも東北地方の中では2015年現在で一番多くメロディ信号が残っている県です。
また、青森県の大きな特徴として、スクランブル式交差点を含む歩車分離式交差点乙女の祈りのメロディを用いています。現在は小糸工業製および京三製作所製の警交仕規第217号以降のみの設置ですが、昔から行われていたようで私も2003年に青森駅にほど近い交差点にて京三製作所製 警交仕規第21号と思われる乙女の祈りを聴いたことがあります。
次に青森県の大きな特徴として、大半の交差点で青点滅時に「信号が赤に変わります。横断を止めてください。」とアナウンスが入ります。
さらに青森県の大きな特徴として、他島道府県ではほとんど見ることのできない通常よりも大きいTOA製のスピーカーを多くの交差点で用いています。何か理由があってこのスピーカーを採用しているのでしょうか?

そんな音響信号に特徴のある青森県ですが、前置きはこのくらいにして、今回は青森県八戸市より朔日町交差点を紹介します(交差点名無し)。


まずは音を聴いてみましょう。 (音量に注意!)



通りゃんせが1曲以上流れますね!故郷の空はわずかなところで1曲鳴らず…。
以前の記事より、このメロディの音は京三製作所製警交仕規第21号の音ですね。青森県特有の青点滅アナウンスが目立ちます。


続いてプレートを見てみましょう。
(クリックで拡大)

RAB(青森放送)の「通りゃんせ募金」によって1995年6月に設置されたとの表記があります。
制御機自体は平成*年*月製のものでした。この交差点へ録音に訪れた2009年時点でもメロディ信号が更新されつつありましたが、残っているものは平成7年以降の新しい物でした。


最後に交差点全景です。
(クリックで拡大)

デザインアームで設置されていますが、以前は通常アームでの設置でした。その時の様子が文顔さんのページに紹介されています。
Gooleストリートビューで確認できますが、既に新しい制御機へ更新されています。
デザインアーム化されて一時的に今までの制御機を使っていたようなので、更新前に何とか滑り込めたようです。

今回はここまでです。


交差点情報を提供していただいた文顔さんに感謝致します。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:視覚障害者用交通信号付加装置
仕様書番号:警交仕規第21号
形式:LTA-CASM-B
製造番号:T*****
定格:電圧AC100V 周波数50Hz
製造年月:平成*年*月
製造メーカー:株式会社京三製作所

音質:京三21号メロディ標準音質
音程:通常
テンポ:通常
青点滅時:アナウンス

設置場所:青森県八戸市
交差点名称:朔日町(交差点名無し)
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2009年8月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~京三製作所①~
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~京三製作所②~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです、文顔です。ご無沙汰しておりましたm(__)m。

懐かしい交差点の一つです。私が収録した時点では灯器も通常アーム式の樹脂だった交差点です。そして、この音質のメロディーとで青森県らしさが出ていたのですが、今は段々と影を潜めていってしまったのが残念です(TT)。

しかし、きゃみさんも収録が間に合って良かったです♪。現在は異種鳴き交わしとなっていますので。
プロフィール

きゃみ

Author:きゃみ
今や珍しくなった『通りゃんせ』や『故郷の空』といったメロディ信号をメインに、『ピヨ』、『カッコー』も含めた音響信号の交差点を紹介します。

YouTube等の動画共有サイトでも交差点紹介を行う人が増えたので、このブログでは既に更新された交差点を中心に紹介します。


ツイッター、やっています。
@Smeme_21

Melody Signal 700
メロディ信号700交差点の録音を目標に探索中!

2018年9月末現在、
623交差点

※このページの全ての画像・音ファイル等の無断利用を固くお断りします!!

今までの来場者数
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR