FC2ブログ

信号機の音の鳴り方

音響信号といっても日本国内には現在およそ1万7000基(*1)の音響信号が存在するので、同じ音&種類のものは数えきれないくらいあります。
しかし、同じ音&種類でもそれぞれ違った鳴り方があるので、今回は"音の鳴り方"について考えます。


基本的に音響信号は歩行者用信号機がある事がほとんどですが、中には歩行者用信号機がないのに音響装置だけ付いている交差点もあります。
以下は歩行者用信号機があるという設定で書きます。

【歩行者用信号機が青の時】
①青の時間ずっと鳴り続ける
ごく一般的な方式です。青の時に鳴りそれ以外は鳴りません。

②青の途中で鳴り止む
都道府県によってはこのようにメロディおよび誘導音を青の途中に鳴り止ませる方式をとっているところもあります。


【歩行者用信号機が青点滅の時】
①無音
日本国内で一番多い方式と思われます。青点滅時には何も鳴りません。

②点滅音が鳴る
都道府県によっては青点滅時に各メーカー固有の点滅音を鳴らすところもあります。神奈川県では昔からこの方式がとられています。最近は東北地方のいくつかの県でも新設時にこの方式を取り入れています。

③アナウンスが流れる
都道府県によっては青点滅時に各メーカー固有の点滅音を鳴らすところもあります。青森県で多く用いられている方式です。

④(誘導音において)早いテンポで鳴る
都道府県によっては青点滅時に青の時に鳴っていた誘導音を早いテンポで鳴らすところもあります。大分県で多く用いられている方式です。


【歩行者用信号機が赤の時】
①無音
ごく一般的な方式です。

②アナウンスが流れる
設置数は少ないですが、このような方式をとっている交差点もわずかながら存在します。青点滅から赤になった際にのみアナウンスが流れたり赤の間一定の間隔で赤を知らせるアナウンスが流れたりさまざまなパターンがあると思われます。





さて、今度は誘導音で歩行者用信号機が青の時に限って考えてみましょう。※クリックで音ファイルが開きます。音量に注意!
①同時鳴き
一対に設置されたスピーカーから同じタイミングで同じ音が鳴る方式です。古いタイプでは基本的にこの方式しか鳴らせません。
[音を聞く] ピヨ カッコー

②同種鳴き交わし(鳴き交わし)
一対に設置されたスピーカーから交互に同じ音が鳴るタイプです。1990年代後半より採用され始めました。
[音を聞く] ピヨ カッコー

③異種鳴き交わし
一対に設置されたスピーカーから交互に違う音が鳴るタイプです。2003年頃より採用され始めました。
ピヨ→ピヨピヨ→ピヨ→ピヨピヨ→…またはカッコー→カカコー→カッコー→カカコー→…と鳴るのが特徴です。
[音を聞く] ピヨ カッコー


特に①と②で紹介した音は同じ音質であるものの鳴り方が異なることがわかりますね。これに先ほど書いた青点滅時などの事を考慮すると同じ音でも複数のバリエーションがあることになるわけです。



【今回のまとめ】
同じ信号機の音でも色々な鳴り方がある。


今回はこれで終わりです。お疲れ様でした。
次回からは設置された年代やメーカーの違いについて書いていこうと思います。



(*1)…2010年3月末時点で、メロディ式が861基、誘導音式が1万6155基あるらしいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きゃみ

Author:きゃみ
今や珍しくなった『通りゃんせ』や『故郷の空』といったメロディ信号をメインに、『ピヨ』、『カッコー』も含めた音響信号の交差点を紹介します。

YouTube等の動画共有サイトでも交差点紹介を行う人が増えたので、このブログでは既に更新された交差点を中心に紹介します。


ツイッター、やっています。
@Smeme_21

Melody Signal 700
メロディ信号700交差点の録音を目標に探索中!

2018年9月末現在、
623交差点

※このページの全ての画像・音ファイル等の無断利用を固くお断りします!!

今までの来場者数
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR