FC2ブログ

【誘導音メモリーNo.006】JR足利駅入口東交差点/栃木県足利市

前回の記事投稿から1ヶ月以上も間が空いてしまって申し訳ありません。


今回も栃木県足利市の交差点を紹介します。
今回の交差点は前回紹介した誘導音メモリーNo.005の1つ東側にあるJR足利駅入口東交差点です(交差点名無し)。


まずは音を聞いてみましょう。(音量に注意!)


今まではタグを使ったボタンにしていましたが、Internet Explorerよりページを見たところ、ボタンが正しく機能しなかったので、画像ファイルによるボタンを作りました。今後このボタンを使用していく予定ですが、いかがでしょうか?

この音は以前の記事より、前回と同じく日本信号製の音であることがわかりますね。
但し、前回の交差点よりもピヨはテンポが遅く、カッコーは音程が低い事がわかりますね。


続いてプレートを見てみましょう。
誘メNo.006-プレート01 (クリックで拡大)
前回とは異なり警交仕規第217号「版1」ですね。カッコー"カッコー"となるタイプなので、これは警交仕規第217号A音質であると断定できます。
※A音質、B音質の定義は、「A音質とはカッコーが"カッコー"と聞こえるもの」、「B音質とはカッコーがどちらかというと"ピポン"と聞こえるもの」である(音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)①~より抜粋)

ちなみに、警交仕規第217号以降は制御機が小型のものが多いのですが、この交差点では写真のように警交仕規第21号と同じ大型の制御機となっています。
誘メNo.006-その他01 (クリックで拡大)
※ここは地中からケーブル等を制御機に繋いでいる構造のため、制御機の下に設ける台のようなものが大型だったために音響信号の制御機も大型にしたと思われます。


最後に交差点全景です。
誘メNo.006-交差点全景01 (クリックで拡大)
ほとんどの信号機はデザイン式のため茶色に塗られていますが、何故か写真中央の歩行者灯器のみ通常の色となっていて面白いです。


今回はここまでです。
次回も足利駅周辺の交差点を紹介します。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:音響式視覚障害者用交通信号付加装置
仕様書番号:警交仕規第217号「版1」
形式:EA3306F
製造番号:Y66280
定格:電圧AC100V 周波数50/60Hz
製造年月:2002年3月
製造メーカー:日本信号株式会社

音質:日信217号A音質
音程:通常
鳴動方式:鳴き交わし
青点滅時:無音

設置場所:栃木県足利市
交差点名称:JR足利駅入口東(交差点名無し)
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2007年08月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~日本信号~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~


スポンサーサイト



プロフィール

きゃみ

Author:きゃみ
今や珍しくなった『通りゃんせ』や『故郷の空』といったメロディ信号をメインに、『ピヨ』、『カッコー』も含めた音響信号の交差点を紹介します。

YouTube等の動画共有サイトでも交差点紹介を行う人が増えたので、このブログでは既に更新された交差点を中心に紹介します。


ツイッター、やっています。
@Smeme_21

Melody Signal 700
メロディ信号700交差点の録音を目標に探索中!

2018年9月末現在、
623交差点

※このページの全ての画像・音ファイル等の無断利用を固くお断りします!!

今までの来場者数
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR