FC2ブログ

【メロディメモリーNo.003】市役所入口交差点(更新確認済)/山梨県都留市

今回は山梨県から1つ紹介します。


その前に山梨県の音響信号状況について少々。
山梨県では異種鳴き交わし方式が採用される頃まではずっとメロディ式が用いられていました。
しかし、異種鳴き交わし方式が登場した2003年頃から新たに設置される音響信号は異種鳴き交わし誘導音式が用いられるようになりました。
以来、警交仕規第21号の音響信号は更新され続け、警交仕規第217号メロディ式誘導音式へ変更され続けています。
山梨県の特徴として、誘導音式異種鳴き交わししか設置されていないという特徴があります。そのため、警交仕規第217号「版1」でも異種鳴き交わしで鳴る場所があります。
恐らく元々は異種鳴き交わしできない制御機に何らかの手を加えて異種鳴き交わし化されているものと思われます。


…やはり前置きが長くなってしまいました。
さて、今回紹介するのは山梨県都留市「市役所入口」交差点です。
富士急行線「谷村町」駅から近い場所にあります。
都留市はリニア実験線が通っている市の1つです。


まずは音を聞いてみましょう。(音量に注意!)



両方ともあと少しで1曲なのに何故鳴らない!と言いたくなるくらい惜しいです。この音は以前の記事より京三製作所の音であることがわかりますね。


京三製作所メロディ式警交仕規第21号、217号ともに似たような音質なので、プレートを見て確認してみましょう。

メメNo.003-プレート02(クリックで拡大)
写真より警交仕規第21号であることがわかりますね。
以前の記事よりこのプレートはM形式で、東日本に多いT板であることがわかります。


最後に交差点全景です。
メメNo.003-交差点全景01(クリックで拡大)
分かりずらいですが、実はこの交差点のスピーカーは横断歩道に対して片側しか設置されていなかったです。また、写真左側のスピーカーは本来通りゃんせが流れるべきスピーカーから故郷の空が流れ、故郷の空が流れるべきスピーカーから通りゃんせが流れていました。
…つまり、歩行者用信号機がの時にメロディが流れていました!非常に危険です…。

そんな事もあってか新しい制御機へと更新されているのを確認しました。(Googleマップより。更新後の音については未録音)
どうやら更新後は全ての歩行者用信号機に対してスピーカーが設置されたみたいです。


今回はここまでです。
次回は別の都道府県から誘導音の交差点を紹介します。

手持ちファイルが誘導音式メロディ式なのでブログ名の割に誘導音式の記事の方がどうしても多くなってしまいます。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:視覚障害者用交通信号付加装置
仕様書番号:警交仕規第21号
形式:LTA-CBSM-B
製造番号:T61931
定格:電圧AC100V 周波数50Hz
製造年月:昭和55年9月
製造メーカー:株式会社京三製作所

音質:京三21号メロディ標準音質
音程:通常
テンポ:通常
青点滅時:無音

設置場所:山梨県都留市
交差点名称:市役所入口
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2008年8月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~京三製作所①~
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~京三製作所②~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~


スポンサーサイト



【誘導音メモリーNo.004】大和南交差点/神奈川県大和市

今回も神奈川県大和市です。

「大和南」交差点は前回と同じく小田急線・相鉄線「大和駅」から近いところにあります。
メロディメモリーNo.002「大和駅南」交差点の隣の交差点です。


まずは音を聞いてみましょう。(音量に注意!)


この音は以前の記事より小糸工業製の警交仕規第217号のB音質であることがわかりますね。
前回紹介した誘導音メモリーNo.003と同じ音ですね。


続いてプレートを見てみましょう。
誘メNo.004-プレート01(クリックで拡大)
先ほど、"小糸工業製の警交仕規第217号のB音質"と書きましたが、これは警交仕規第□号ですね!

音響信号基礎講座では警交仕規第□号についてはあまり詳しく書いていませんでしたが、この交差点の状況を見る限り
各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)②~で述べた
"□号においては書いていませんが、21号型□号と217号型□号の2種類からそれぞれ21号及び217号と同じような音質です。"
という事がわかりますね。


交差点全景です。
誘メNo.004-交差点全景01(クリックで拡大)
写真では見えませんが、この交差点には白い押ボタンが設置されていて、ボタンを押したときに次のような音が鳴ります。(音量に注意!)
♪押ボタン


今回はここまでです。
今回で大和駅周辺シリーズ終了です!次回は別の都道府県から紹介したいと思います。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:視覚障害者用交通信号付加装置
仕様書番号:警交仕規第□号
形式:MP-MI-6
製造番号:3K2175
定格:電圧AC100V 周波数50Hz
製造年月:平成7年10月
製造メーカー:小糸工業株式会社

音質:B音質
鳴動方式:鳴き交わし
青点滅時:小糸2音(217号遅テンポ)

設置場所:神奈川県大和市
交差点名称:大和南
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2006年4月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)①~
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)②~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~

【誘導音メモリーNo.003】大和駅南入口交差点/神奈川県大和市

今回も神奈川県大和市です。

「大和駅南入口」交差点は前回と同じく小田急線・相鉄線「大和駅」から近いところにあります。


まずは音を聞いてみましょう。(音量に注意!)


この音は以前の記事より小糸工業製の警交仕規第217号のB音質であることがわかりますね。
前回と同じく(神奈川県で)従道側なのでピヨが鳴ります。
メロディメモリーNo.002で紹介した小糸工業製の音響信号のものとは違う点滅音が鳴りますね。
小糸工業製の点滅音は同じ音程でも警交仕規第21号では早いテンポ、警交仕規第217号「版1」&「版2」では遅いテンポ、警交仕規第217号「版3」以降は少し早いテンポかつ鳴き交わしをします。
京三製作所製の点滅音のように同じ警交仕規でも点滅音の種類が複数あるわけでも無いので、この警交仕規第217号の小糸工業製の点滅音は他に岩手県山形県などでも聞くことができます。


続いてプレートを見てみましょう。
誘メNo.003プレート01(クリックで拡大)
2000年の設置なので前回の交差点よりも設置が3年違いますね。2000年であればやはりここも最初は通りゃんせが鳴っていたのでしょうか?


最後に交差点全景です。
誘メNo.003交差点全景01(クリックで拡大)
前回よりも駅に近いので人やお店が多い印象です。


余談ですが、Googleマップで調べたところ、従道側だけでなく主道側にもスピーカーが設置されていて歩車分離式の看板が付いていました。私が録音を行った後にサイクルが通常サイクルから歩車分離式へ変更になったものと思われます。
果たして音響はそのままピヨを使い続けているのか、それとも鳥混合が鳴らせられる警交仕規第217号「版3」以降に更新されてしまったのでしょうか?いつか機会がある時に再調査してみたいものです。


今回はここまでです。
次回で大和駅周辺シリーズ終了です!


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:音響式視覚障害者用交通信号付加装置 制御機
仕様書番号:警交仕規第217号「版1」
形式:AP-NV-1
製造番号:9E1142
定格:電圧AC100V 周波数50Hz
製造年月:2000年2月
製造メーカー:小糸工業株式会社

音質:B音質
鳴動方式:鳴き交わし
青点滅時:小糸2音(217号遅テンポ)

設置場所:神奈川県大和市
交差点名称:大和駅南入口
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2006年4月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)①~
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)②~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~


プロフィール

きゃみ

Author:きゃみ
今や珍しくなった『通りゃんせ』や『故郷の空』といったメロディ信号をメインに、『ピヨ』、『カッコー』も含めた音響信号の交差点を紹介します。

YouTube等の動画共有サイトでも交差点紹介を行う人が増えたので、このブログでは既に更新された交差点を中心に紹介します。


ツイッター、やっています。
@Smeme_21

Melody Signal 700
メロディ信号700交差点の録音を目標に探索中!

2018年9月末現在、
623交差点

※このページの全ての画像・音ファイル等の無断利用を固くお断りします!!

今までの来場者数
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR