FC2ブログ

【誘導音メモリーNo.057】星ヶ丘西交差点/愛知県名古屋市

今回は前回紹介した愛知県名古屋市の「星ヶ丘西」交差点の更新後の様子を紹介します。

まずは音を聞いてみましょう。(音量に注意!)



この音は小糸系または京三系警交仕規第217号系異種鳴き交わしですね。
【参考】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)①~
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~京三製作所①~

続いてプレートを見てみましょう。
(クリックで拡大)

コイト電工製でしたか。
製造年月に注目すると2017年1月と分かります。更新前の名古屋電機工業製 警交仕規第217号「版1」の録音年月が2016年12月だったので、更新直前に滑り込み録音できたみたいです。


制御機の様子はこのような感じです。
愛知県で近年設置される音響制御機の下部から伸びるパイプはこのような伸縮性のある網目模様のタイプが多い気がします。
(クリックで拡大)


最後に交差点全景です。
前回載せた場所から従道側横断歩道を渡ったところで撮っています。
(クリックで拡大)


今回はここまでです。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:音響式交通信号付加装置(視覚障害者用)
仕様書番号:警交仕規第1015号「版1」
形式:AP-NV-2
製造番号:7A0139
定格:電圧AC100V 周波数50/60Hz
製造年月:2017年01月
製造メーカー:コイト電工株式会社

音質:小糸217号系異種鳴き交わし
音程:通常
テンポ:通常
青点滅時:無音

設置場所:愛知県名古屋市千種区
交差点名称:星ヶ丘西
交差点形態:丁字路交差点
録音年月:2018年6月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)①~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~
・【誘導音メモリーNo.056】星ヶ丘西交差点/愛知県名古屋市(更新確認済)

スポンサーサイト



【誘導音メモリーNo.056】星ヶ丘西交差点/愛知県名古屋市(更新確認済)

前回からまた間が空いてしまいました。
今回は愛知県の交差点を紹介しますが、初めての投稿なので愛知県内の音響信号状況について書きます。
愛知県は信号灯器面でも他の都道府県とは一味違った設置を行うため信号灯器のファンにも人気の県ですが、音響信号面でも異彩を放っていると感じます。
まず警交仕規第21号においては他の都道府県ではほとんど見られなくなった名古屋電機工業製が「これでもか!」というくらいに設置されています。名古屋電機工業のお膝元だからでしょうか。
それに関連してか、近年でも名古屋電機工業製の警交仕規第22号の個別制御型の音響が設置されています。ツイッターで平成31年製のものも見掛けたので、もしかしたら銘板に"令和"が登場した警交仕規第22号もそのうち登場するかもしれませんね!

……とかなんとか言っているととんでもない文字数になってしまうので、この辺でやめてその他の愛知県の音響信号的特徴は各記事で紹介していきたいと思います。


今回は愛知県名古屋市より、星ヶ丘西交差点を紹介します。名古屋市営地下鉄東山線 星ヶ丘駅の階段を上がったところにあります。

まずは音を聞いてみましょう。(音量に注意!)



これは当ブログの交差点紹介記事では初めて紹介する音質ですね。
音響信号基礎講座 各メーカー紹介~名古屋電機工業~より、この音は名古屋電機工業製 警交仕規第217号の音です。
小糸工業製 警交仕規第217号A音質に似ている音質ですが、聴き比べると違いが分かると思います。
・小糸工業製 警交仕規第217号A音質ピヨ
・小糸工業製 警交仕規第217号A音質カッコー
ピヨは小糸よりも少し尖った感じで、カッコーはペタペタした感じがします。
上に書いたように警交仕規第21号では名古屋電機工業製が大量に設置されているのですが、警交仕規第217号になりますと意外と少数派の設置になり、県内でも見つけるのが困難なシリーズとなります。


続いてプレートを見てみましょう。
(クリックで拡大)

ちょっと分かりづらいですが、1997年8月製でした。警交仕規第217号としてはかなり古いです。
愛知県内で1997年(平成9年)9月以降に製造された名古屋電機工業製 警交仕規第21号を発見しているので、この交差点の警交仕規第217号は試験的な設置だったのでしょうか?


制御機の様子はこのような感じです。一般的な警交仕規第217号のサイズです。
(クリックで拡大)


また、愛知県内の他の名古屋電機工業製217号の交差点では設置されていない集音マイクが電柱上部に設置されていました。
警交仕規第21号ではほぼ100%設置されていたので、これも警交仕規第21号から警交仕規第217号へ移り変わる過渡期の特徴だったのでしょうか?
(クリックで拡大)


最後に交差点全景です。
(クリックで拡大)


警交仕規第217号にも関わらず、新しい音響制御機へと更新されました。やはり他とは違う事情があったのだと予想しています。

今回はここまでです。
次回は星ヶ丘西交差点の更新語の様子を紹介します。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:音響式視覚障害者用交通信号付加装置 制御機
仕様書番号:警交仕規第217号「版1」
形式:M-GS-2
製造番号:0100625-1
定格:電圧AC100V 周波数60Hz
製造年月:1997年8月
製造メーカー:名古屋電機工業株式会社

音質:名電217号系擬音式標準音質
音程:通常
鳴動方式:同時鳴き
青点滅時:無音

設置場所:愛知県名古屋市千種区
交差点名称:星ヶ丘西
交差点形態:丁字路交差点
録音年月:2016年12月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~名古屋電機工業~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)①~

【メロディメモリーNo.053】鶴見警察署前交差点(更新確認済)/神奈川県横浜市

気付けば年号が令和に変わり初の記事投稿ですね。
今回は久しぶりにメロディ信号の交差点を紹介します。神奈川県横浜市より鶴見警察署前交差点です。


まずは音を聴いてみましょう。 (音量に注意!)



この音は以前の記事より、京三製作所製の音ですね。神奈川県は2000年代半ば以降、公道では警交仕規第21号しかメロディ式は設置されなかったので、2007年に録音したこのファイルは警交仕規第21号で間違いありません。


続いてプレートを見てみましょう……といきたいところなんですが、写真データを紛失してしまいました。携帯電話で撮ったデータがあるはずなのですが…。
おそらく2009年度あたりに更新されているので、昭和期の京三製作所製警交仕規第21号だったと予想できます。

そんなわけで交差点全景もありません…。どこかにデータが眠っていれば良いのですが……。

既に新しい音響制御機へと更新されています。


令和初記事と言っておきながら今回はあっさりとここまでです。
えぇ、音ファイル編集に文章の大半は平成のうちに作っていましてね…。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:視覚障害者用交通信号付加装置
仕様書番号:警交仕規第21号
形式:LTA-CASM-B
製造番号:(データ紛失のため不明)
定格:電圧AC100V 周波数50Hz
製造年月:昭和60年前後と思われる
製造メーカー:株式会社京三製作所

音質:京三21号メロディ標準音質
音程:通常
テンポ:通常
青点滅時:京三1音

設置場所:神奈川県横浜市鶴見区
交差点名称:鶴見警察署前
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2007年7月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~京三製作所①~
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~京三製作所②~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~
・【メロディメモリーNo.042】銀座通り交差点(更新確認済)/神奈川県小田原市

【誘導音メモリーNo.055】七間町・両替町交差点/静岡県静岡市(信号機撤去済)

今回は前回の記事で紹介した静岡県静岡市七間町・両替町交差点の更新後の様子を紹介します。


まずは音を聴いてみましょう。 (音量に注意!)



この音は以前の記事より、日本信号製 警交仕規第217号系異種鳴き交わしですね。カッコーの音色がよく聞くものとは少し違い、硬い感じに聞こえます。時間帯によるのか前回紹介したものよりもいずれも短い鳴動時間です。


続いてプレートを見てみましょう。
(クリックで拡大)

こちらは制御機の様子です。
(クリックで拡大)

日本信号製警交仕規第1015号「版1」ですね。製造番号がK0000001と、トップナンバーです。



最後に交差点全景です。
(クリックで拡大)

前回の対面側から撮りました。


2015年末に更新により設置された今回紹介の音響信号ですが、なんと2019年3月末までに信号機撤去に伴い音響信号も撤去されました。撤去される直前に調査できて良かったです。


今回はここまでです。
次回はメロディ信号の交差点を紹介いたします。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:音響式交通信号付加装置
仕様書番号:警交仕規第1015号「版1」
形式:EA3616A+00002009
製造番号:K0000001
定格:電圧AC100V 周波数50/60Hz
製造年月:2015年11月
製造メーカー:日本信号株式会社

音質:日信217号系擬音式標準異種鳴き交わし(ピヨ後期型)
音程:通常
鳴動方式:異種鳴き交わし
青点滅時:無音

設置場所:静岡県静岡市葵区
交差点名称:七間町・両替町(交差点名無し)
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2019年1月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~日本信号~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~
・【誘導音メモリーNo.054】七間町・両替町交差点/静岡県静岡市(更新確認済)

【誘導音メモリーNo.054】七間町・両替町交差点/静岡県静岡市(更新確認済)

今回は静岡県静岡市より、七間町・両替町交差点を紹介します。静岡の繁華街に位置しています。


まずは音を聞いてみましょう。(音量に注意!)

【2007年8月録音分】



18きっぷで旅行中の19時すぎに録りました。近隣の217号は19時で鳴動を終了しましたが、21号は鳴動していました。
ちょうど催し物がここら一帯で行われており、歩行者天国となっていました。信号機は消灯や閃光動作をさせず通常運用が行われていました。

【2014年3月録音分】



前に勤めていた会社の説明会へ行く前に再録しました。なんて不真面目な就活生だったのでしょう(笑)朝9時頃のほとんど通行人がいない時の訪問だったので、先ほどのファイルとは桁違いに綺麗に録音できました。

以前の記事より、この音は日本信号製 警交仕規第21号の音ですね。静岡県内の21号としては小糸工業製に次ぐ設置率でした。とはいえ、小糸工業製の設置率が大半でしたので、少数派でした。


続いてプレートを見てみましょう。
(クリックで拡大)

昭和60年10月製でした。


最後に交差点全景です。

【2007年8月訪問時】
(クリックで拡大)

こんなに人の写っている交差点全景は歩行者天国ならではですね。

【2014年3月訪問時】
(クリックで拡大)

平日の通勤ラッシュが終わったくらいののんびりした時間帯です。ちょうど同じアングルで撮っていたみたいです。


2015年度に新しい音響制御機へと更新されました。


今回はここまでです。
次回は更新後の様子を紹介します。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:視覚障害者用交通信号付加装置
仕様書番号:警交仕規第21号
形式:EA9101D
製造番号:Ō03313
定格:電圧AC100V 周波数60Hz
製造年月:昭和60年10月
製造メーカー:日本信号株式会社

音質:日信21号擬音式後期型音質
音程:通常
テンポ:通常
青点滅時:無音

設置場所:静岡県静岡市葵区
交差点名称:七間町・両替町
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2007年8月/2014年3月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~日本信号~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~
・【誘導音メモリーNo.042】営業通一交差点(更新確認済)/新潟県新潟市

プロフィール

きゃみ

Author:きゃみ
今や珍しくなった『通りゃんせ』や『故郷の空』といったメロディ信号をメインに、『ピヨ』、『カッコー』も含めた音響信号の交差点を紹介します。

YouTube等の動画共有サイトでも交差点紹介を行う人が増えたので、このブログでは既に更新された交差点を中心に紹介します。


ツイッター、やっています。
@Smeme_21

Melody Signal 700
メロディ信号700交差点の録音を目標に探索中!

2018年9月末現在、
623交差点

※このページの全ての画像・音ファイル等の無断利用を固くお断りします!!

今までの来場者数
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR