【誘導音メモリーNo.036】葛野大路花屋町交差点(更新確認済)/京都府京都市

2011年の春に関西へ旅行をした際、阪急電車の写真を駅で撮りたいなーと思い、阪急京都線を河原町駅から梅田駅へ向かって乗っていました。地下区間から地上に出た最初の駅である西京極駅に到着する時にここだ!と思い立ち、暫くの間、駅のホームで阪急電車を撮っていました。
(クリックで拡大)
(クリックで拡大)

すると、かすかに名電製ピヨカッコーが聞こえてくるではないですか!

そんなわけで急遽降り立った西京極駅近くにある葛野大路花屋町交差点を紹介します。
こちらは京都府京都市にあります。


まずは音を聞いてみましょう。(音量に注意!)



紛れもない、この音は以前の記事より、名古屋電機工業製 警交仕規第21号の音ですね。


続いてプレートを見てみましょう。
(クリックで拡大)

昭和63年9月に製造されたものでした。装置名称が他メーカーの21号でよく見る視覚障害者用交通信号付加装置ではなく視覚障害者用信号装置と短い名称ですね。何か意図があるのでしょうか。
また、形式はM-GH-1と、他県ではあまり見られないものでした。他の音響信号ファンの方によると、この形式は京都府の他に鳥取県に設置されているようです。


ところで、
(クリックで拡大)
(クリックで拡大)

この制御機といい、

(クリックで拡大)

名電製ではない真新しい音響スピーカーといい、もう間もなく新しい音響へと更新されるタイミングでした。更新される前に呼び寄せられたのでしょうか?(笑)

しかし、実はこの交差点の2つ隣にも同様に名電製の音響が設置されている交差点があったのですが、下調べもせず時間も迫っていたためにそちらはスルーしてしまいました…。


最後に交差点全景です。
(クリックで拡大)

音響更新と同時に右折矢印が点灯する制御へと変わるようですね。
信号灯器も同様のタイミングで更新されたようで、それまでは電球式の信号灯器が設置されていたようです。


今回はここまでです。
次回は音響更新後の様子を紹介します。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:視覚障害者用信号装置
仕様書番号:警交仕規第21号
形式:M-GH-1
製造番号:15321-1
定格:電圧AC100V 周波数60Hz
製造年月:昭和63年9月
製造メーカー:名古屋電機工業株式会社

音質:名電21号標準音質
音程:通常
テンポ:通常
青点滅時:無音

設置場所:京都府京都市
交差点名称:葛野大路花屋町
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2011年03月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~名古屋電機~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~
・【誘導音メモリーNo.017】東住吉区役所前北交差点(更新確認済)/大阪府大阪市
・【誘導音メモリーNo.022】大分市役所前交差点(更新確認済)/大分県大分市
・【誘導音メモリーNo.031】長土塀南交差点(更新確認済)/石川県金沢市

スポンサーサイト

【メロディメモリーNo.033】恵比寿駅前交差点/東京都渋谷区

今回は前回の記事で紹介した東京都渋谷区 恵比寿駅前交差点の更新後の様子を紹介します。

まずは音を聴いてみましょう。 (音量に注意!)


なんとメロディ式からメロディ式への更新です!
更新前の警交仕規第217号系の音と似ていますが、今回紹介したものはこれの後期型音質となっています。


続いて制御機写真です。今回はちゃんと撮っています。
(クリックで拡大)

他の信号機ファンの方の情報とGoogleストリートビュー(2015年4月時点で以前の制御機、2016年1月時点で新しい制御機)より、更新時期的に警交仕規第1015号「版1」と予想ができます。


最後に交差点全景です。
(クリックで拡大)


今回はここまでです。次回は他都道府県の擬音式の交差点を紹介します。

恵比寿駅前交差点の更新情報については孝幸さんの情報を参考にしました。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:=プレート無しのため不明=(音響式交通信号付加装置(視覚障害者用)と予想)
仕様書番号:=プレート無しのため不明=(警交仕規第1015号「版1」と予想)
形式:=プレート無しのため不明=(AP-NV-2と予想)
製造番号:=プレート無しのため不明=
定格:=プレート無しのため不明=(電圧AC100V 周波数50/60Hzと予想)
製造年月:=プレート無しのため不明=(2015年末の製造と予想)
製造メーカー:=プレート無しのため不明=(コイト電工株式会社と予想)

音質:小糸工業217号系メロディ後期型音質
音程:通常
テンポ:通常
青点滅時:無音

設置場所:東京都渋谷区
交差点名称:恵比寿駅前
交差点形態:丁字路交差点
録音年月:2017年02月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)①~
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)②~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~
・【メロディメモリーNo.032】恵比寿駅前交差点(更新確認済)/東京都渋谷区

【メロディメモリーNo.032】恵比寿駅前交差点(更新確認済)/東京都渋谷区

今回は東京都渋谷区より、恵比寿駅前交差点を紹介します。

まずは音を聴いてみましょう。 (音量に注意!)


以前の記事より、このメロディの音は小糸工業製警交仕規第217号系の音ですね。
当時、高校の部活の副部長を務めていて、休日の遠征か何かの下見ついでの録音だったと思います。


続いて制御機を確認……といきたいところですが、当時プレートの設置されていない制御機の写真は撮っていなかったので割愛させていただきます。
他の方の情報やGoogleストリートビューで確認すると、小糸工業製の警交仕規第□号(217号型□号)と予想が出来ます。


最後に交差点全景です。
(クリックで拡大)

写真には残していないのですが、当時歩行者用灯器に設置されていたスピーカーは東京都内では少数派の黄色だったと記憶しています。

なお、既に制御機が更新されています。


今回はここまでで、次回は更新後の様子を紹介します。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:=プレート無しのため不明=(音響式視覚障害者用交通信号付加装置 制御機と予想)
仕様書番号:=プレート無しのため不明=(警交仕規第□号と予想)
形式:=プレート無しのため不明=(MP-MI-6と予想)
製造番号:=プレート無しのため不明=
定格:=プレート無しのため不明=(電圧AC100V 周波数50Hzと予想)
製造年月:=プレート無しのため不明=(平成8~9年頃の製造と予想)
製造メーカー:=プレート無しのため不明=(小糸工業株式会社と予想)

音質:小糸工業217号系メロディ前期型音質
音程:通常
テンポ:通常
青点滅時:無音

設置場所:東京都渋谷区
交差点名称:恵比寿駅前
交差点形態:丁字路交差点
録音年月:2007年09月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)①~
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)②~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~
・【メロディメモリーNo.028】八幡町交差点(更新確認済)/東京都武蔵野市

【誘導音メモリーNo.035】市役所東交差点(鳴動音変更後)/山梨県甲府市

今回は前回の記事で紹介した山梨県甲府市 市役所東交差点の音変更後の様子を紹介します。


まずは音を聴いてみましょう。 (音量に注意!)



この音は音響信号基礎講座の各メーカー紹介~小糸工業(コイト電工)①~および~京三製作所①~より、どちらかのメーカーの警交仕規第217号異種鳴き交わしの音ですね。


続いてプレートを見てみましょう。
(クリックで拡大)

「前回の記事の音変更後」のため、制御機はそのまま中身の設定を変更して擬音式へと対応させています。
山梨県内には他にも何ヶ所か例があるのですが、警交仕規第217号「版2」異種鳴き交わしがまだ登場していない時期の制御機です。これは、単なる設定変更ではなく設定の追加など何か手を加えて異種鳴き交わし化を実現させているのでしょう。


最後に交差点全景です。
(クリックで拡大)

前回とほとんど同じ場所から撮りました。
信号灯器が日本信号製の厚型LED式へと更新されています。


今回はここまでです。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:音響式視覚障害者用交通信号付加装置
仕様書番号:警交仕規第217号「版2」
形式:LTA-SH1
製造番号:TM6711
定格:電圧AC100V 周波数50Hz
製造年月:2002年3月
製造メーカー:株式会社京三製作所

音質:京三217号系擬音式標準異種鳴き交わし
音程:通常
鳴動方式:異種鳴き交わし
青点滅時:無音

設置場所:山梨県甲府市
交差点名称:市役所東
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2010年3月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~京三製作所①~
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~京三製作所②~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~
・【メロディメモリーNo.031】市役所東交差点(鳴動音変更済)/山梨県甲府市

【メロディメモリーNo.031】市役所東交差点(鳴動音変更済)/山梨県甲府市

今回は山梨県甲府市より市役所東交差点を紹介します。

まずは音を聴いてみましょう。 (音量に注意!)


以前の記事より、このメロディの音は京三製作所製の音ですね。


続いてプレートを見てみましょう。
(クリックで拡大)

京三製作所製の警交仕規第217号ですね!全国的に見ても警交仕規第217号のメロディはあまり設置されなかったように思えます。
警交仕規第217号「版2」ということですが、山梨県は警交仕規第217号「版3」より擬音式で新規設置を始めたのでしょうか?


最後に交差点全景です。
(クリックで拡大)

写真では車両用と歩行者用が青点灯していますが、通りゃんせが鳴るのは歩車分離で歩行者用信号が全て青になった時だけでした。


2010年3月に再度訪問したところ、異種鳴き交わしへと変更されました。


今回はここまでです。
次回は変更後の様子を紹介します。


【今回紹介した音響信号データ】
装置名称:音響式視覚障害者用交通信号付加装置
仕様書番号:警交仕規第217号「版2」
形式:LTA-SH1
製造番号:TM6711
定格:電圧AC100V 周波数50Hz
製造年月:2002年3月
製造メーカー:株式会社京三製作所

音質:京三217号系メロディ標準音質
音程:通常
鳴動方式:無音
青点滅時:無音

設置場所:山梨県甲府市
交差点名称:市役所東
交差点形態:十字路交差点
録音年月:2006年11月

【読んでおくとさらに楽しめる記事】
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~京三製作所①~
・音響信号基礎講座 各メーカー紹介~京三製作所②~
・音響信号基礎講座 制御機からわかる音響信号の情報~警交仕規ってなんだ?~

プロフィール

きゃみ

Author:きゃみ
今や珍しくなった"通りゃんせ"や"故郷の空"といったメロディ信号の交差点を紹介していきます!もちろん"ピヨ"、"カッコー"も紹介していきます!

記事投稿は1ヶ月に1~3記事を目標にしています。


ツイッター、やっています。
@Smeme_21

Melody Signal 500+
メロディ信号500交差点での録音を目指して挑戦中!メロディ信号500交差点での録音達成しました!!
2017年2月末現在、
559交差点


※このページの全ての画像・音ファイル等の無断利用を固くお断りします!!

今までの来場者数
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR